CIOCCの歴史は1970年代から始まりました。

 

今日まで幾多の成功を収めながら成長を続けています。

CIOCCは数々の輝かしい実績と共に成長を続けて来ました。例えば、1977年ベネズエラのサン・クリストバルでクラウディオ・コルティが自転車競技の世界チャンピオンに輝いています。さらに、コルティは翌年のGiro di ItaliaでもCIOCCのバイクを駆り勝利しました。また、同時期にポーランドのナショナル・チームはCIOCCのバイクを選択し、1980年に開催されたモスクワ・オリンピックで銀メダルを獲得しています。
 

イタリア国内の職人によるフレーム作成にこだわり続けています。

特にスチールフレームの製造においては、非常にレベルの高いフレームの作成を行い、多くの人々に評価されてきました。
近年では、カーボンフレーム、チタンフレームの製造も手掛けるとともに、あくまでもイタリア国内の職人による作成にこだわりを持ちフレームを供給し続けています。
 

オリジナルフレームの作成

世界に一つしかないロードバイクを所有する喜びは、何物にも代え難いものです。また、ロードバイクの基本はフレームにありとの考えから、乗り手に最適なフレームを供給することがメーカーとしての使命だとCIOCCは考えています。さらにCIOCCではオリジナルカラー、オリジナルグラフィックの対応を全ての車種にて行なっています。