腰が痛い、膝が痛い、背中が痛い、人より早く疲れる、記録が伸びないそんな時はロードバイクのフィッティングを見直してはいかがでしょうか。
サドルやハンドルのほんのわずかな調整だけでも、劇的に症状が緩和される可能性があります。しかし、根本的にロードバイクのフレームサイズがご自身の体に合っていないとしたら、サドルやハンドル位置の調整だけでは限界があります。ロードバイクの基本はフレームサイズをご自身の体に合ったものを選ぶことから始まります。
CIOCCでは、他メーカー同様に標準サイズのフレームの他に、ミリ単位で調整を行えるオリジナルサイズのフレームを作成しています。基本のフレームサイズがベストフィットであれば、微調整も行いやすく、快適なライディングが出来るのではないでしょうか。
スーツを仕立てるように、ロードバイクも体にフィットしたサイズで快適なサイクルライを送って見てはいかがですか。

 
Titanフレームのこだわり

チタンという素材は、ロードバイクのフレームに用いると、アルミのように軽量でありながらスチールのようにしなり、さびにくくフレーム剛性の劣化が少ないという素晴らしい性能を持っています。しかし半面、加工難易度が高く、材料原価が高額という特徴を持っています。そのため、素晴らしい材料でありながら、チタンフレームを取り扱うメーカーは少数となっています。
CIOCCでは、チタンフレームのメリットを最大限活かせるよう研究を行い、試行錯誤の末に
製品化を行うことができました。一生モノといわれるチタンフレームを多くの人に知ってもらいたいという思いを込めた渾身のフレームです。
また、加工難易度の高いチタンであろうとも、サイズオーダーを可能としました。これはCIOCCのコンセプトである「乗り手に最適なフレームを供給することが使命」によるものです。
 
CIOCCではすべてのお客様の身体にフィットしたフレームを提供したいとの思いから、オーダーサイズモデルの追加料金はいただいておりません。